CIMG0011_b HDRは基本的にトーンカーブは寝てしまうので、前のエントリの桜並木はプログラムオートのほうがいいなと思ってたんですが、ふと戯れで無印HDRの画像にビュアー(IrfanView)のレタッチ機能で彩度、コントラスト調整→シャープフィルタかけたら、こっちのほうが暗部のトーンなどきちんと出てて見てくれ良くなったw
 動きモノには向かないとか、感度上がるから解像感なんかに限界は出てきますが、素材性の点でお手軽に威力を感じられたので追記しておきます。

 LX3をダイナミックカラーで使っているときの画ヅラに近くなった希ガス。これぐらいのコントラスト感と色乗りが好きなんだよねー俺。