【CES】「TRYX」のデモを行なったカシオブース - デジカメWatch

 TRYXのデモ…って表題だけど記事冒頭はZR100のレポート。モードダイヤルに無印HDR、HDRアートが独立して設けてあったり、メーカーのプレスリリース画像では見えなかったHSボタンがあるのが見て取れます。
 HSボタンはどういう機能になったんだろう。ZR10で(HSベストショットの中にあるにもかかわらず)プログラムオートの拡張動作的モードだった「高速連写」をオンオフする専用ボタンになったのか、それともHDRが抜けたHSベストショットのメニューを表示するだけなのか。
 撮影モードがどう整理されてるかが気になるなー。
 「「HDRアート」の効果を3段階から選択できるようになった」とか胸熱w
 ボディ外周のデザイン的処理はZR10のエンボス地プラパーツ使いがカッコイイ&実用的と思うんだけど、CESのは試作機で適当なのかな? それともこのままの処理で出すのかな?
 MENUボタンがなんか微妙に大型化されているのも微笑ましい(最初からやれよっていう…)。
 ただ背面は、根本的なボタンレイアウトが少し散漫な感じがZR10と変わらないね。もうちょっとどうにかならんかったのだろうか。
 個人的には撮影と再生のボタン、0.3-0.5mmでいいからもっとボディ内にひっこめて、外周も縁取るぐらいやってほしいわ。ZR10でカメラを取り出したりするときに気を使ってしかたないし、それでも誤って押してしまったりしたから、再生モードダイレクトオンを泣く泣く諦めて電源スイッチ機能は使わなくした。
 (再生ボタン+ON/OFFボタンの同時押しで再生モードで電源オンできるなら悔やまなくて済むんだが、ZR10にはない…)